オリジナルTシャツが出来上がるまでの期間

オリジナルTシャツが出来上がるまでの期間 オリジナルTシャツを業者に依頼してから出来上がるまでの期間は平均で2週間程度ですが、業者によっては数日から1週間ぐらいでスピード仕上げに対応してくれるところもあります。
ただ、その場合はデザインなどが制限されます。
まずはオリジナルTシャツの作成費用の見積りを依頼して、種類やサイズ、カラーや枚数、デザインの大きさなどを決めます。業者からの返信は大体2営業日から3営業日後が一般的です。
見積りに納得したら作成依頼をします。プリントしたデザインを業者に入稿しますが、このとき手書きやデザインデータが不完全だと修正時間がかかります。
この作業は大体1営業日から5営業日です。
デザインデータの入稿が終わるとプリントをします。業者は印刷前に製版の作業を行いますが、色が多いときや特殊加工などだと通常よりも作業日数がかかります。
大体7営業日ぐらいです。
プリントが仕上がり次第納品になりますが、依頼者の準備によっては納期も1週間ぐらいは短縮できます。
プリントを下請けに依頼する業者よりも、全て自社工場で一環製作を行っている業者だと納品までも早い作業が期待できます。

イベント当日までにオリジナルTシャツを間に合わせたいときの期間の考え方

イベント当日までにオリジナルTシャツを間に合わせたいときの期間の考え方 学校や会社などのイベント当日までにオリジナルTシャツを間に合わせたいときには、できる限り早めにデザインなどを決めて発注をすることです。
一般的に業者の納期は2週間程度かかるのでそれを目安に発注をすると安心です。
ただ、業者によっては3日仕上げや1週間で仕上げてくれるところもあります。
イベントまであまり時間がないときに少しでも間に合わせるためには、依頼する業者を電話対応ができるところを選んだ方がよいです。
大体はメールでの発注になりますが電話だと即日見積もりも出してもらえます。
また、デザイン入稿も業者が対応可能なソフトウェアを使って直ぐにプリントできる完全データで入稿することで、修正時間がなくなり早くなります。
納期優勢のときは単色でシンプルなデザインにしたほうが早いです。色が多いときや特殊な加工を希望すると時間がかかります。
また、プリントも自社工場で行っている業者を選ぶことも重要です。
イベント当日までにあまり時間がないから無理かもしれないと感じているときでも、最近は短納期や即日などで早く仕上げてくれる業者もあります。
例えば、あるオリジナルTシャツの業者だと注文してから最速7時間で即日発送をしてくれるところがあります。即日発送は当日の午前11までと時間が制限されていますが、急いでいるときには便利です。
早いとところだと通常でも3日仕上げとかなり早いので、諦めずに相談してみたほうがよいです。